不動産節税

不動産投資の営業マンの話を聞いてきた。電話営業で「節税に興味ありますか?」とフックかけてきたのはうまい。事実、提案してきたシミュレーションでの年間節税額は20万と大きかった。 俺より知識がない新米営業とかいる結構いるから心配してたけど、課長代理とかいう謎の役職付きの30代で、知識もロジックもしっかりしてたから話しててすごく勉強になった。 新築の分譲マンションを買って賃貸に出して利回りはトントンを目指しつつ、節税効果を狙うというプランだった。会社側は、新築を売る利益と、管理費収入が狙い。 こちらからすると、資産流動性の低下と、空室や家賃低下がリスクになる。利回り目的ではないので、家賃保証を相場ではなく定額で行う代わり、節税効果を折半するプランを逆提案してみたが断られた。 会社からすると、節税効果は個人オーナーがいないと狙えないから、本業は不動産オーナー業としながら、節税の折半で安定した収益も狙えるビジネスモデル。個人オーナーだと分散によるリスクヘッジができないが、会社単位ならできるから、家賃リスクは会社が負う。悪くなくないか?