医者にかかる目的

医者に行く目的って、診断と治療の2つある。

怪我や病気にも、自然治癒するものと治療しないと治らないものとあって、前者と診断されたら本来は薬を出さずに帰したほうがいい。
でも日本の医療は薄利多売、大量の患者を「さばく」ことによって成り立っている。薬を出すと言う行為は、診断と違って手間がかからないのに売り上げが立つ、経営上の生命線。診断だけで帰られたら病院が困る。 「ただの風邪ですね」という一言がほしくて病院に行っても、だったら薬は要りませんとは言い出せない。結果、大量の薬をもらって、そのまま捨てる。薬代は払うから薬は要らないっていう選択肢すらほしい。 やはり診断に特化した病院というのは成り立たないんだろうか?生活習慣病みたいな、簡単な診断で何年も治療を受け続ける患者が上客っていう構造はどうしようもないんだろうか?

みんなもっと治療に対して自分で責任を持ったほうが良い。 解熱剤、鎮痛剤、血圧・血糖値・コレステロール等の調整剤みたいな対症療法を警戒するべき。チョッパーの言葉じゃないけど、痛みを感じないなんて強みでもなんでもない。熱を下げて風邪が治るわけがない。薬でメタボが治るわけがない。