リクルートビジネス

なんかワタシ、就活というものに対してなぜか大変興味があります。

最近、こんなことを聞きました。

「リクルートビジネスは、新卒、第二新卒、中途採用と三度おいしい」
なるほど。

就職を斡旋する側は、説明会、エントリー、内定、入社などの
人数に応じてお金をもらう、そんな仕組みになってるんだと思う。
一番大事みたいに言われてる学生と企業のマッチングとかは、
評価する基準が曖昧だし、結果が出るまで時間がかかるから使いにくい。

=
つまり、リクルートビジネスは

・説明会とエントリーは学生の質より人数勝負
・優秀な学生にたくさん内定とらせる
・就職したあとはなるべく早くやめてもらって次のステップへ

となるようにあおる方向に向かう。
仕組みからして幸せな就職はしにくいってことですね。

=
就職ってよく恋愛にたとえられたりしますよね。
片思いだとか両思いだとか。
でも、

説明会=合コン
推薦=お見合い

だとすると、幸せな出会いってなんだろう。

きっと、”人”ですよね。人が運んでくる。
いわゆるヘッドハンティング。
「おまえ、うちこいよ。一緒に仕事しようぜ」
あーこーがーれーるーw

まぁ、今は十分すぎるくらい幸せですけどね。
合コンも捨てたモンじゃないw
こんな嫌なビジネスはあくまで一部だろうし。
ほとんどはちゃんと学生と企業のベストマッチングを追求してるわけで。